ドラストFX

ドラストFXを実践して2か月|使い方次第で勝率UP

こんにちは、シニアFXトレーダーのゆうです。
今回は、ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)の使い方の間違いを発覚し、さらに、あることをすることで格段に勝率アップした実体験を紹介いたします。

ドラストFXは矢印が表示されるのが少し遅いので、エントリータイミングを逃すと、負けてしまうケースが多くありますので、そのことを踏まえたうえでの、しっかりしたエントリータイミングが重要になってきます。

まずは、今までの私のドラストFXの使い方が間違っていたので、改めて実践の画面からご紹介してまいります。

ドラゴン・ストラテジーFXの使用方法

こちらが、MT4を利用したドラストFXの画像です。
ドラゴン・ストラテジーFX(ドラストFX)とは相場の流れの中で利益を生み出すFXシステムです。
様々な矢印やバンドが出てますが、順番に説明してまいります。


(画像は1分足でアップしてますが、基本は5分足になります。ご了承ください)

①まずは相場の流れをチェック

メールでエントリータイミングの連絡が来たら一番最初にチェックするのが、現在の相場の流れです。
大きな流れを表示しています。
上向きなのか下向きなのか、必ずチェックしてください。
(上向きなのに、売り注文をする逆張りは絶対避けてください。)

②チャート上の大きな矢印

これは、長い時間の分析から算出された「買い方向」「売り方向」に向かったと思われる分岐点のサインです。
この方向に沿ってトレードを行います。

③小さな矢印でエントリー

大きな矢印で方向が定まり、小さな矢印が現れた時がエントリーポイントです
必ず、①から③までの矢印が同じ方向を向いているときにエントリーしてください。
(ただし、すべてにエントリーしていては負けてしまいます。少しの経験は必要になってきます。
矢印が出現した状況が本当に勝率につながるかの判断は自分でする必要があります。)

※ここで、私が実践のなかで感じて、自分で決めたルールを紹介します

それは、大きい矢印が現れた後の、小さい矢印は2つ目までをエントリーポイントとすることです。
なぜかと言いますと、長く同じ方向に続く確率が少ないと感じたからです。
この画像でもわかるように、4個目の小さい矢印のあとに反転して売り方向に転換しています。
もちろん、買い方向に長く続くときも多くありますが、私は希望値ではエントリーせず、冷静に静観することで期待収支はアップするようになりました。(私なりのトレード方法なので、皆さんも自分なりのスタイルというものを持たれるといいと思います)
再度、同じ方向に大きな矢印が出た時には、同じことを繰り返します。

④エントリーと決済ポイントです

小さい矢印でエントリーしてポジションを持ったら、上下にある白い雲のようなバンドに注目します。
これは平均足から算出されたものですが、このバンドに差し掛かって反発した所で決済します。
このバンドが非常に決済のタイミングに役立って重宝します。

⑤ドラゴンメーターで決済のタイミングも変化

このドラゴンメーターは、緑色なら上向き、赤色なら下向きで、メーターの色が上昇することで、現在の通貨の勢いを見ることが出来ます。
もし、決済のタイミングでメーターに勢いがある場合には、少し決済しないでロングエントリーしてみましょう。大きく稼げるポイントにつながります。

負けないためのドラストFXの活用法

※バンドを最大限活用しましょう


まずは、上の画像をご覧ください。
最初はバンドの当たって大きく反発していますが、そのあとは、勢いが弱くバンドにぶつかる前に売り買いを繰り返しています。

こんな時は、プラスになる前に反転してしまい、何回エントリーしても負けてしまいます。
このように、バンドにぶつかっていないときに、矢印が現れたらエントリーは控えましょう。
流れの中で買いたいときありますが、そこはじっと我慢です。
それだけで、かなりの損失を抑えられます。

※1時間足でチャートを見る習慣をつける


ドラストFXの基本は5分足でのトレードになってますが、これを1時間足でもチェックする習慣をつけることで勝率がグンとアップします。

5分足では、短い時間分析なので、見えている部分も変動が激しく、1時間足では長い時間での算出なのでチャートの変動も緩やかです。
5分足では、どうしても”ダマシ”があって、5回の内2~3回くらいは、最初は予想の通りでもすぐに反転したり、または直ぐに逆に動いたりして、矢印のまま毎回エントリーしていると必ず負けます。
FX初心者で陥りやすケースに、短いスパンで注文と決済を繰り返し、手数料ばかりがかかって、10回勝っても、その後の1回で損切りを誤り、勝っている部分を根こそぎ持っていかれてしまうことがあります。
そうなると、毎日5時間とか6時間パソコンに向かって頑張ったのに、結局収支をみたらマイナスになっているということになります。
まさに、ちょっと前の私がこのケースで、毎回悔しい思いをしておりました。

1時間足で見るだけでなく、決済もタイミングもなるべく長い足での判断をしたほうが、大きく負けることは減ります。

私はドラストFXを利用し実践することで、どこでエントリーして、どこで決済したほうが良いのかわかるようになってきました。もちろん、経験値が一番ものをいいます。
集団心理というものや、人間の感情で走るとFXは必ず負けるとこともわかりました。

今は、このドラストFXを活用することで、冷静に判断するスキルを身に着けることができ、これからFXトレーダーとして生業にしていく準備は整いました。
後は、コツコツと継続していくだけです。
FXのためのツールは沢山ありますが、私はこのドラゴンス・トラテジーFXが一番だと思います。
価格も高くないですし、FXで稼ぐためのツールとしては一押しです。
是非、詳しくは公式ページからご覧になって見てください

ドラゴンス・トラテジーFX公式ページはこちら


関連記事

  1. ドラゴンストラテジーFXで1時間足と5分足を比較してみました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP